小児科のご案内

小さな兆候の早期発見

小さいお子様は自分の症状がどのようなものか自分で把握することもできないばかりでなく、それを上手に説明できません。

しかし、小さいお子様は、成人に比べ症状の急変が多く、家で様子を見ているうちに、あっという間に重症化することがあります。ですから、気になる症状が出始めたら、早めに受診なさることが肝要です。
(例えば、販売されている風邪薬は熱もないのに解熱剤の成分が含まれているなど、市販薬には「余計」な成分が多々含まれています。医師の診察を受けて病状に合った適切な薬剤を服用すべきでしょう。)

最初に現れる兆候は家族の人にはわかりにくいことがあります。
また、他の病気と似た症状が現われる病気があります。そのため、初期兆候を見過ごして重い症状になるまで治療を受けられなかったり、民間療法をして症状を悪化させてしまったりすることも見受けられます。
しかし、小さな兆候のうちに見つけて早期に治療できれば、回復も早くお子様の負担も少なくて済むケースはとても多いのです。気になることがありましたら、迷わず当院へいらしてご相談いただきたく思います。

子供がかかりやすい病気は、いわゆる風邪(急性上気道炎)のほか、次のようなものがあります。

小児喘息、ウイルス性胃腸炎(胃腸かぜ、嘔吐・下痢)、溶連菌感染症、便秘、熱性けいれん、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、伝染性紅斑(リンゴ病)、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)、ヘルパンギーナ、インフルエンザ、麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、頭ジラミ、蟯虫症(ぎょうちゅうしょう)などです。

体重による投薬量の適切な処方

投薬に関して、体重による投薬量の適切な処方に努めております。

お子様一人ひとりに合わせた投薬を行うため、体重・年齢・重症度等を総合的に勘案しつつ、毎回クスリの量を決定しております。
また、当院では、小さなお子様のための遊び場スペースを設けています。

病院に行くことや診察を怖がったり待合室で待つのを苦痛に感じたりしたお子様にも、これまで待合室で他の患者さんに気を遣ってお子様に眼を光らせていたお母様にも、とても居やすい空間になっていると思います。

お子様が飽きずに遊べる、親御さんが安心してくつろげる待合室を持つクリニックとなっております。
子供のための遊び場スペースがあります。

予防接種

小児の予防接種は、診療時間内に、随時行っております。

予約不要のもの

四種混合、三種混合(DPT)、麻疹・風疹混合(MR)、日本脳炎、BCG、ヒブ、小児肺炎球菌

予約が必要なもの
二種混合(DT)、水痘、おたふくかぜ、B型肝炎、A型肝炎、子宮頸がん、不活化ポリオ
麻疹単独、風疹単独、ロタウイルス、肺炎球菌(成人)

水痘、おたふくかぜ、B型肝炎、A型肝炎、ロタウイルス、肺炎球菌(成人)は自費となるほか、上記のワクチンでも公費対象年齢以外の場合は自費となります。

なお、インフルエンザワクチンについては、直接クリニック受付にお問い合わせください。



太田市10か月児健康診査

診療時間内に、随時行っております。予約は不要です。
なお、この健康診査以外の小児健診は自費となります。